Renaud Fulconis, European patent attorney at B&G

ルノー・ピュルコニス

パートナー

欧州特許弁理士
フランス特許弁理士
法学修士(民法)

ルノー・ピュルコニスはフランスの名門大学エコール・ポリテクニークを卒業し、物理学博士論文の提出資格証を取得しました。 その後、彼は物理学と生物学の境界で彼の博士論文のためにキュリー研究所で3年を過ごしました。

ルノーは二つの特許法律事務所を経て有数の法律事務所で勤務しました。 彼は多数の特許明細書を作成し、機械工学を含めて、化学工学、生化学まで、多様な技術分野で特許出願の一連の過程を実行しました。

また、彼は欧州特許庁に対する異議申請をはじめとする訴訟において、フランス語及び英語で進行する50件以上の口頭弁論を含めて100件以上の文書を処理するなどの幅広い経験を持っています。

数年間、ルノーは特に厳しい次のようなケースを向けて仕事をする機会がありました。
・カプセルコーヒーをめぐる多国的紛争
・電子透かし分野における感情の手続きを含めたフランスの特許訴訟
・テレコミュニケーションに対する標準必須特許の主要訴訟
・医療装置における世界的リーダーたちの一つのための多数の異議申請
・冷媒の新しいゼネレーションについた多数の異議申請と訴訟

ルノーは大学生だけでなく、専門的特許審査を準備する支援者たちを対象に特許法を教えています。 彼はまた、互いに異なった特許出願手続きに対する多数の出版物の著者でもあります。