パトゥリク・トゥラベ

共同創立者

欧州特許弁理士
フランス特許弁理士

パトゥリク・トゥラベは、フランス・トゥールーズ大学でIPネットワークセキュリティとDDoS攻撃への対応に関する論文で、情報処理博士学位(PhD)を取得しました。 その後、移動通信会社の研究開発チームに在職し、カナダで1年間プロジェクトリーダーとして開発チームを総括指揮しました。

パトゥリクはパリの特許法律事務所で6年以上業務知識を身につけました。

パトゥリク・トゥラベの専門分野はNICTです。また、電気工学、光学、機械工学ケースを担当しています。

定期的に担当する技術分野は次のようです:

  • コンピュータープログラミングとハードウェア
  • ヒューマン・マシン・インタフェース
  • 電気通信ネットワーク
  • 半導体
  • 自動車照明

パトゥリク・トゥラベのは特許出願業務全般において欧州、米国、日本、韓国、中国やインドの特許庁に対する特許審査の豊富な経験を基に、欧州と国際特許出願の明細書を担当しています。 また、顧客を代理して欧州特許庁の異議申立手続(特に自動車照明分野)を担当しています。

パトゥリク・トゥラベは、特にソフトウェア特許性をテーマに定期的に特許法の講義をしています。 特にCEIPIで、このテーマについて講義します。 また委員として活動しているフランスのシンクタンクであるInstitut Stanislas de Boufflersなど多数の専門団体に所属しています。